事業概要

補助対象事業者や補助内容など、本支援事業についてご紹介します。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、厳しい経営環境にある宿泊事業者が実施する感染防止対策等を支援することにより、観光に対する「安全安心」を確保し、観光客の満足度を高める受入環境を整備することを目的とする。

補助対象事業者

次のいずれにも該当するものとする。
  • 広島県内に施設を設けている宿泊事業者であること。
  • 旅館業法第3条第1項に規定する許可を受けた者であること。

    ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条6項に規定する店舗型性風俗特殊営業に該当する施設は除く。

また、以下のすべてを満たすことが必要です。
  • 国、県、連盟又は、一般社団法人広島県観光連盟(以下「連盟」)から委託された者が事前通告なしに行う訪問調査に協力すること。
  • 補助対象として申請した内容(経費)に関して同一品目において、国・県・市町等が実施する併用を不可とする他の制度(補助金等)から補助金を交付されていないこと。

    併用可否事業一覧

    ※国の補助金制度につきましては各自ご確認ください。

  • 代表者、役員及び従業員が「広島県暴力団排除条例」に規定する暴力団、暴力団員等及び暴力団関係者でないこと。
  • 国税及び県税に未納がないこと。
  • 宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドラインを遵守し、安全安心対策等について積極的に情報発信をすること。
  • 事業継続の意思があること。

補助内容

補助率

申請日の前日までに支出した経費:1/2以内

申請日以降に支出する経費:3/4以内

補助対象事業費

上限:1,000万円
下限:10万円

補助限度額(補助率3/4の場合)

上限:750万円
下限:7.5万円

申請件数

1宿泊施設につき1回限り

(旅館業法の許可単位1施設で1回)

補助対象事業
新型コロナウイルス感染拡大防止対策事業

【機器】
サーモグラフィ、アルコール噴霧器、CO₂濃度測定器、サーキュレーター、パーテーション、遮蔽用アクリル板 など

【消耗品】
アルコール消毒液、遮蔽用ビニール、ビニール手袋、マスク、フェイスシールド、使い捨て食器類 など

新たな観光需要を創出するための前向き投資事業 【ワーケーション対応】
  • 無線LANの整備やワーケーションスペースの増設・改築
  • テーブルや椅子などの什器類の購入 など
【スマート化推進】
  • 非接触チェックインシステムの導入 など
【ユニバーサルツーリズム対応】
  • スロープやてすりの設置 など
【インバウンド対応】
  • 多言語翻訳器、多言語看板の設置 など
【観光需要創出】
  • デジタルサイネージの設置
  • 新商品開発(体験プログラム、県産食材を使用したメニュー開発) など
  • ※その他、連盟が認める経費
補助対象経費

令和2年5月14日~令和3年12月28日までに支出した経費

備品購入費、消耗品費、工事請負費、委託料、賃借料(レンタル料)など

申請期間

令和3年6月28日(月)~12月28日(火)

締め切り:令和3年12月28日(火)午後5時(必着)

  • ※令和3年12月28日(火)までに支出が完了している経費が補助対象です。
  • ※採択された場合、「施設名」「交付金額」「実施している新型コロナウイルス感染症対策」を公表します。
実施主体
一般社団法人 広島県観光連盟