鎌田 大地の年俸に驚き。成績と評価は?

鎌田大地さんは「どこのポジションにいても活躍する」と評価の高い2022年サッカーワールドカップの日本代表選手です。

ミッドフィルダーのポジションで活躍しており、サッカーの強豪国スペインが鎌田太一さんのプレイに警戒を見せるほどの実力を持っています。

基本的に日本での活躍が多い鎌田大地さんはサッカー好きの人なら親しみやすいイメージもあるのではないでしょうか。

2022年現在でこそ、安定したミッドフィルダーとして活躍している鎌田大地さんですが、サッカーを始めた時は挫折の連続だった事が分かりました。

今回の記事では2022年サッカーワールドカップの日本代表選手として安定したプレイを披露する鎌田大地さんを徹底調査していきます。

鎌田大地さんの基本プロフィールや苦戦してきた末、日本代表に選出された努力のサッカー経歴、周囲の評価も気になりますよね。

気になる2022年サッカーワールドカップでの活躍や年俸、結婚の情報も解説していきます。

攻守ともにレベルの高いプレイを披露するプロサッカー選手、鎌田太一さんの詳細にせまっていきましょう。

鎌田 大地の基本プロフィール

鎌田大地さんは2022年のサッカーワールドカップに選出された事もあり、詳細はすぐにキャッチできました。

以下が鎌田大地さんの基本プロフィールです。

本名鎌田大地(かまだだいち)
生年月日1996年8月5日(2022年現在26歳)
出身地愛媛県伊予市
身長184cm
血液型B型

鎌田大地さんの愛称は「ダイチ」で、利き足は右足です。

基本的にInstagramで発信をしているのですが、ほとんどプロフィールの記載がないのが特徴ですね。

すらりとした184cmの身長は本当に日本人?と疑ってしまうような美しさです。

また、鎌田大地さんの実の弟である鎌田大夢さんは2020年シーズンに福島ユナイテッドに加入していました。

「兄である鎌田大地さんに少しでも近づきたい」とコメントしている事から、兄弟そろってサッカーに対する熱い意思を持っている事が分かります。

鎌田大地さんは当初、サッカーで苦戦したとも言われていますね。

鎌田大地さんのサッカー経歴を簡単にご説明してきます。

鎌田 大地のサッカー経歴

鎌田大地さんはほぼ、タイトル出場や日本代表にも縁がなかったと語っています。

鎌田大地さんはプロ入り前はFCゼブラキッズでサッカーを始め、韓国戦に出場していました。

しかし、特に鎌田大地さんは評価される事はなく、中学生にあがるとガンバ大阪ユースに加入しています。

鎌田大地さんは怪我や小さい時は小柄な身長がアダとなり、途中出場も多くあまりサッカー試合への出場の機会すら与えられません。

鎌田大地さんが「苦戦したサッカーの道」は、高校に入学した際、転機を迎えます。

高校で主将をつとめたチームはプレミアリーグで最下位になりますが、鎌田大地さんはミッドフィルダーという本来ならばゴールを決める役柄ではないものの、10得点を奪取した事でサガン鳥栖に内定が決定しました。

2015年にプロサッカーチーム、サガン鳥栖に入団した鎌田大地さんはU-22日本代表のトレーニング・キャンプに招集されたんです。

トレーニング・キャンプはその名の通り強化合宿を特別に行うというものなので、鎌田大地さんの能力が認められつつあったんですね。

2017年には決勝点やアシストで活躍し、鎌田大地さんはサガン鳥栖を去ります。

2017年の6月、サガン鳥栖の合意のもと鎌田大地さんはドイツのフランクフルトに完全移籍しました。

フランクフルトでは4年契約をした鎌田大地ですが、チームでなかなか成績がおさめられなかったようです。

最初こそリーグ戦に出場しましたが、最終的に4年間で出場した試合は4回のみでした。

2018年にはフランクフルトからシント=トロイデンVVにレンタル移籍をした鎌田大地さんは、フランクフルトやトロイデンVVの信頼を勝ち取るため奮闘します。

途中出場になった試合ではミッドフィルダーとした防衛と攻撃でチームを勝利に導いていました。

また、KVコルトとレイク、スタンダールリエージュでの通算獲得点は2桁をこえ、1年間で成長していった事が分かります。

2019年にフランクフルトに復帰した鎌田大地さんはまるでレンタル移籍時代の成長を披露するかのようにリーグ戦ではチームを勝利に導き、連続決勝進出を果たしました。

2桁ゴールやアシストの多さが際立ってきた2020年から2022年シーズンで鎌田大地さんは本領発揮します。

サッカー強豪チームのバルセロナとの試合ではサポートに徹し、チームは準決勝。

PK戦では防衛ではなくキッカーとして選出され、見事シュートした事で「圧巻のパフォーマンス」と称賛されています。

2022年の欧州サッカーリーグではゴール率1位というレベルの高さをみせ、チャンピオンズリーグまでチームを引っ張っていきました。

ここまで聞くと、鎌田大地さんは最初こそ苦戦したものの後半は活躍し続けたと思う人もいるかもしません。

しかし、鎌田大地さんは2016年のU-23日本代表招集で、自らの強みを見せられるメンバー入りする事は出来ませんでした。

2019年のキリンチャレンジではサッカー日本代表になり、モンゴル戦で日本代表としてやっと得点をもうけます。

2022年でのチュニジアチームとの試合は正に完敗で、1度も得点をいれる事は出来ずチュニジアチームに3点を獲得されるといったミスもありました。

鎌田大地さんは日本代表というまるでスーパースターの様な肩書を持ちながらもプロとしても苦戦し、ポジションを変え、技を変えといったオールマイティなアプローチをしていったんです。

参考サイト一覧

http://fc-zebra.com/https://number.bunshun.jp/articles/-/853559https://web.gekisaka.jp/news/detail/?217334-217334-flhttps://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20180901/823557.htmlhttps://web.gekisaka.jp/news/detail/?359311-359311-fl

鎌田 大地のプレイスタイルの特徴は?

https://twitter.com/EuropaLeague/status/1202264046243733504?s=20&t=6dLB-XasgdBDFMh-jpzH4Q

鎌田大地さんのプレイスタイルの特徴は基礎の高さで、3つに分類して特徴を解説します。

1つ目は細かいテクニックです。

敵陣からボールを奪われない様にドリブルをする際、鎌田大地さんは小さなステップを踏むように常に近距離でボールをはなしません。

小さなリフティングとトラップを組み合わせているため、敵陣もボール自体を奪おうとすると反則になってしまうようなテクニックですね。

小さなテクニックの技術は練習で磨かれるものであり、試合であっても練習の際の足が身についており、リラックスして技を披露していると言えるでしょう。

2つ目の基礎の高さはミッドフィルダーとしての役割だけを担っていない部分です。

鎌田大地さんは苦戦した試合の中でポジションが代わる事も多々ありました。

経験を活かし、「守備メインのミッドフィルダーでありながら攻撃に長けている」という戦法が可能なんです。

また、鎌田大地さんは184cmと海外チーム顔負けの身長を誇っている事も攻撃に長けたミッドフィルダーとしてのポイントでしょう。

素早いドリブルやパスをしながら体型で防御する姿は安定したパフォーマンスです。

3つ目の鎌田大地さんの基礎の高さは正確なパスです。

鎌田大地さんは試合中、ほぼ反対側にいる選手に素早いパスをし、攻撃選手がゴールを決めるというチームプレイに特化している事も大きな武器でしょう。

日本代表のチームの特色は「和」と言われていますが、鎌田大地さんは苦しい経験の中で培ったプレイスタイルが日本代表のチームプレイに貢献しているという事が分かります。

何より、ご紹介した鎌田大地さんの3つのプレイスタイルの特徴はジュニアチームからの練習の基礎です。

能力が開花すると基礎練習ではなく、自身のプレイスタイルのみを磨く選手は少なくありません。

鎌田大地さんは、決しておごらず基礎練習に徹底している事で日本代表をアシストとしても、攻撃側としてもチームを引っ張っていけるでしょう。

鎌田 大地の評価は?

鎌田大地さんの評価は海外でも日本でもとても良いです。

サッカー経歴では海外に移籍した時、なかなか活躍出来なかった鎌田大地さんの苦悩を解説しました。

しかし、海外チームフランクフルトと鎌田大地さんは強い信頼関係があり、「最初にチームに慣れずとも試行錯誤し続けたハングリー精神が素晴らしい」と好評です。

ミッドフィルダーはボランチ能力が必須ですが、鎌田大地さんはボランチで先制点を奪取しています。

鎌田大地さんが得点を奪い取ったのは試合開始から約3分間です。

ドイツでのプレイが最高潮になった鎌田大地さんは評価額44億円にのぼり、日本人のプロサッカー選手では1位の評価額ですね。

また、鎌田大地さん自身も「自分が絶対的な存在で、代表に選ばれて当然のプレイをしている」とコメントしている事もポイントです。

鎌田大地さんは「南野拓実さんのような華々しい経歴は僕にはなく、ゴミ同然でした」とかなりキツイ表現もしています。

鎌田大地さんはつぶやくような短い言葉の中にキツイ表現をするため、「きつそうな性格」と思われがちだったそうです。

しかし、ドイツのフランクフルトや海外での進出によって鎌田大地さんの本来の努力の積み重ねやプロサッカー選手としてのプライドが発揮されました。

参考サイト一覧

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=119278https://news.yahoo.co.jp/articles/c874e4d84b6384be7aae5ffe1498ffc65086847ahttps://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2022/11/13/post_177/https://number.bunshun.jp/articles/-/853559

鎌田 大地はW杯でどんな活躍が期待できそう?

https://www.goal.com/jp/%E9%81%B8%E6%89%8B/%E9%8E%8C%E7%94%B0-%E5%A4%A7%E5%9C%B0/az15xx7m923srf9gdbwmiyga1

鎌田大地さんはサッカーワールドカップでは、利き足を無視した活躍が期待できそうです。

ミッドフィルダーとしての役割を184cmの長身で確実に発揮しながらトリッキーなテクニックで敵陣を翻弄していく事が可能でしょう。

また、パスやドリブルといった基礎が成り立っているため、緊急時の対応もすぐに順応出来るポジション経験がワールドカップでは強い味方になります。

日本のサッカーチームの特色は「和」ですが、ドイツのフランクフルトで活躍してきた鎌田大地さんは海外の敵陣のチーム戦略にも恐れを抱く事はないでしょう。

様々な立ち位置で、絶対的な活躍が可能という万能なミッドフィルダーとして鎌田大地さんは2022年ワールドカップを盛り上げると思います。

鎌田 大地の現在の年俸と年俸の推移は?

https://times.abema.tv/fifaworldcup/articles/-/10042587

鎌田大地さんの現在の年俸は約5,700万円です。

27歳で5,000万円をこえる年俸を与えられている鎌田大地さんはとても固い、安定した選手という事が分かります。

また、鎌田大地さんについて「今後契約金4億円アップ」をフランクフルトは考えているそうです。

サガン鳥栖では年俸360万円からスタートし、480万円で鎌田大地さんはサガン鳥栖を卒業しました。

現在の所属チームでもあるフランクフルトに加入した際、700万円の年俸を与えられています。

レンタル移籍をする際、鎌田大地さんの年俸は恐ろしいほどあがったんです。

なんと、レンタル移籍チームのトロイデンVVの年俸は1,200万円と、うなぎ上りではなく、一気に注目を浴びた事が分かります。

レンタル移籍で経験を積んだ後の2019年、フランクフルトに戻った際の年俸は3,000万円と倍以上です。

推移は移籍したからと言って一旦下がる事もなく、うなぎのぼりでもなく、急上昇しているのが分かりますね。

最終的に2021年は5,700万円の年俸を鎌田大地さんは与えられています。

今後のワールドカップでの活躍やフランクフルトでの活躍で契約金だけでなく年俸はもっと上がるでしょう。

鎌田 大地は結婚してる?奥さん(嫁さん)はどんな人?

鎌田大地さんは最初に所属したサガン鳥栖時代の2017年に結婚しています。

フランクフルトの移籍が決定していることで、サガン鳥栖の試合が最後だったため、鎌田大地さんはスピーチを行いました。

卒業記念の鎌田大地さんへ贈るブーケを持っているのはなんと、鎌田大地さんの奥さんです。

鎌田大地さんの奥さんは「ありさ」という名前だという事がネットの調査で分かりましたが、詳細は不明であるため奥さんは一般女性でしょう。

「嫁さんと僕らしく、家庭やサッカーに活躍していく」と語る鎌田大地さんは奥さんと2ショットが掲載されています。

とても美人で、モデルと言われても納得がいってしまうほどの美貌の持ち主です。

奥さんの姿が分かっている以上、次はお子さんの報道が楽しみですね。

まとめ

鎌田大地さんは勘違いをされる事、サッカーで苦戦した過去を持つミッドフィルダー選手です。

日本代表に選ばれた際は「自分が選ばれるはずがない」という自信を持って日本代表の肩書を手にしました。

苦悩に溢れた鎌田大地さんですが、ドイツのフランクフルトチームではとても評価され、実際に試合でも基礎を応用したプレイスタイルで敵陣を翻弄しています。

日本でも海外でも活躍し続ける鎌田大地さんの2022年サッカーワールドカップの活躍が楽しみですね。

同じ選手だと室屋成選手佐々木翔選手、古橋選手などのことについてもまとめていますのでぜひそちらもご覧くださいね。

おすすめの記事